産業医の不足に悩まされているとき

12月 27th, 2014

少し前までは人材は消耗品といった考え方をしている企業が沢山ありました。仕事の量が増えたときには人材を増やし、辞めていく人がいても新しい人材を募集して補給すればいいといった考え方で経営している企業もあります。労働者人口の減少が目立つようになり、人材の大切さを感じるようになったことで労働者の健康管理という物により一層力を入れないといけなくなってきています。そのため産業医の存在がとても重要になってきました。http://www.armg.jp/doctor_hokenshi/

産業医を雇いたいと考えているならこちらで産業医についてのホームページ

産業医と言えば労働者の肉体的な健康を管理するという事が主な業務でしたが、メンタル面でのサポートも必要になってきています。カウンセラーとしてではなく医師としてメンタルヘルスの管理ができないといけません。メンタルヘルスの管理ができる産業医はまだまだ不足しがちで必要としている企業の数に対して産業医が足りなくなってきています。

産業医を雇いたいけど見つからないといった問題はアドバンテッジ リスクマネジメントで解決できます。産業医としての仕事を委託してメンタル面のサポートまで丁寧に行ってくれます。相談する労働者はメンタル面での相談は会社に対する不満につながることもあり相談できにくいのですが、守秘義務があるので悩み相談の情報はしっかりと守ってもらうことができます。

「株ドル」から学ぶ株式投資

3月 4th, 2014

今年は、ちょっと新しいことを始めてみようと思っています。
それは何かといいますと・・・ずばり「株」なんです。

株とかFXって、初心者にはちょっと難しそうなイメージがありますが、知人で株をやっている人がいて、結構株主優待なんかでお得に生活しているのを見て、かなり影響を受けているところなんです。
ちょっと単純すぎですかね・・・(笑)

とりあえず、本などからいろいろ学んでみようかと思って、最近よく利用しているゴマブックスポータルという電子書籍のサイトでおすすめのビジネス書籍を探してみました。
すると、こんな本を発見!!

「しっかり儲けて確実に貯める 株ドル 名波はるかの株入門」

名波はるかさんというのは、「株ドル」と呼ばれるグラビアタレントの方で、私も名前だけは聞いたことがありました。
なんだかこういう人の書いた本の方が、いろいろわかりやすく書かれているのではなんて期待して読んでみましたが、まさに正解!!
株式投資について、初心者にもわかりやすく書いてくれているので、これから始めようと思っている私のような人にはピッタリの内容ではないかと思います。

もし気になった方は実際にサイトへ行き、チェックしてみてくださいね!

私と一緒にひと稼ぎしに来ましょう!

使いやすく自社カスタマイズも可能な生産管理システム

10月 18th, 2013

製造業の管理はとても複雑です。
特に生産管理部門では、製造関係だけでなく品質管理や製造計画までをカバーする必要があり、より複雑な管理が求められます。

生産管理には生産管理システムの導入がおすすめです。
しかし、日本人には使いづらい生産管理システムも多く、現在使っているシステムを使いこなせないという方も多いようです。

使いやすさと効率アップを重視するなら【MCFrame】というシステムが良いでしょう。
【MCFrame】は処理スピードのアップや使いやすさ、カスタマイズのしやすさでユーザーから好評を得ています。
システムを使いこなせるようになるだけでもかなりの期間を要してしまった、という商品が多い中で、【MCFrame】はユーザ会を開催して疑問点をフォローしています。
リアルタイムで情報を把握することができるので、経営者の方にとっても正確な意思決定が可能となります。

さらにパッケージ商品でありながら、開発ツールが用意されているのも大きな特徴です。
これによって自社によるカスタマイズが可能となりました。

生産管理システムなら【MCFrame】⇒mcframe.com

抜群な使いやすさで効率アップや経営状における的確な判断を実現する【MCFrame】。
生産管理システムの導入をお考えの方は、ぜひご検討ください。

製造販売業にとっての生産管理の重要性

10月 6th, 2013

製造販売をしている企業ならば「生産管理の重要性」については、理解していると思います。

では、生産管理の重要性について説明してください。

こう言われたときに、詳細をすぐに話せる方はどの程度いるのでしょうか?

重要性についてはなんとなく理解している。

しかし、それを言葉にするのはちょっと…

こういう方も多いと思います。

そこで生産管理の重要性について、少し説明したいと思います。

生産管理は製造販売をしている企業では、一番重要なものとされています。

注文を受けた数や在庫の数などを、管理することが生産管理です。

一般的には人の手で行うのではなく、生産管理システムなどを利用して管理すると思います。

生産管理システムを利用することで、各拠点の注文数・在庫数・生産数などをまとめて管理ができるからです。

また、各拠点で情報を共有することができることも、メリットのひとつと言えるでしょう。

仮にこの生産管理が滞ってしまった場合、どうなるのか理解できますか?

注文数・在庫数・生産数が管理されていなければ、納品の数にもばらつきが出てきてしまうでしょう。

最悪の場合、納品に間に合わない場合や在庫が確保できないことも出てくるでしょう。

逆に生産しすぎて過在庫になってしまうことも起こりえるのです。

生産管理がなぜ重要なのか、理解していただけたでしょうか?

製造販売業にとって、生産管理は重要である。

これを忘れずに覚えておきましょう。